1. 採用情報トップ
  2. 仕事紹介
  3. 先輩社員(土屋)がホンネで語る

土屋 亮太 2008年入社 スマートフォン向けサービス開発の最前線で、仕様を取りまとめる先導役を任されています。

入社以来、大手通信会社の最先端プロジェクトを次々に経験。現在では技術力や実績、マネジメント力などが高く評価され、
大手携帯キャリアの新サービスの仕様をまとめる重要なポジションで、リーダーとして活躍している。

転職で今までの自信を失い、向上心に火がつく。

ユニスティには、新卒で入社したソフトウェア開発会社を経て、転職してきました。以前の会社ではC++で携帯電話端末に実装されるアプリの開発を経験。3年間にわたって技術を磨いてきたことから、自信は多少ありました。その経験を存分に活かそうとユニスティの門を叩いたのです。ところが入ってみると先輩たちの技術レベルの高さに愕然。自信は脆くも打ち砕かれました。ですが、だからこそ学ぶことが多く、自分を成長させることができるはずと思い直すことで、向上心が沸き起こり、入社前よりもモチベーションが高まりました。若手社員の意見が通りやすく、みんな仕事に真剣に取り組む一方で、心から開発を楽しんでいる風土も、意欲を後押ししてくれました。

スマートフォンの新たな魅力を開拓するサービスの開発に従事。

大手通信会社のプロジェクトをいくつか経験し、現在は大手携帯キャリアの新サービスの仕様検討業務と運用体制の整備業務を任されています。一般ユーザのスマ―トフォンとサーバを連動させて様々なアプリを配信するという、携帯キャリアにとって根幹となるサービスの開発です。この開発は携帯キャリアにとって、競争力を大きく左右する重要なプロジェクトであり、私はその最上流工程でサービス仕様を決定する立場ですから、これほど取り組み甲斐のある仕事はそうそうありません。スマートフォンの進化は凄まじい速さで、新機能の追加やユーザビリティの向上策を重ねています。まさにモバイルコミュニケーションの最前線。エンジニアとして今の仕事には心から満足しています。

ユニスティの事業拡大の先頭に立ち、自らの可能性も開拓。

この携帯キャリアでの開発に、2011年当初はユニスティからは私のみが参加していました。それが、現在では私がプロジェクトリーダーとなり、10名もの当社の社員が加わっています。「土屋さんがマネジメントしてくれるなら、ユニスティにチームで依頼したい」と、お客様から言ってもらえたのです。そのため、私の仕事にはサービスの企画や仕様の取りまとめに加え、メンバー管理という役割が増えました。それ以来、リーダーとしてメンバーの可能性を引き出し、チーム力を高める醍醐味を楽しむようになりました。将来的には事業部門を丸ごと任されるようになり、ユニスティの新たなビジネスの可能性を開拓していきたいと考えています。

PAGE TOP